夫の死が教えてくれた “本人が望む生き方”。共有した「終活」が今の私の役割に

あなたは、配偶者と死別した後の自分を思い浮かべたことはありますか? 今回は、早くして夫との別れを経験した女性たちにお話をうかがいました。
▼あわせて読みたい
早くして夫を亡くした後に…どのように”今を生きること”を取り戻したか

金子稚子さん(54歳・東京都在住) 終活ジャーナリスト、ライフ・ターミナル・ネットワーク代表夫 金子哲雄さん 1971–2012年(享年41歳) 流通ジャーナリスト
Source: 芸能のニュースまとめ – グノシー