劇団☆新感線初参加の三宅健が関西弁習得へ電話特訓「きのうはトミーズ雅さん、その前は鶴瓶さんに」

元V6の俳優・三宅健と演出家・いのうえひでのりが13日、大阪市内で、劇団☆新感線43周年興行・春公演「ミナト町純情オセロ 月がとっても慕情篇」のPR会見に出席した。
 シェークスピア4大悲劇のひとつ「オセロー」を下敷きにした作品で12年ぶりの再演。1950年代の関西の港町を舞台に、ヤクザの若頭筆頭・亜牟蘭オセロ(三宅)を巡る愛と抗争を描く。
 新感線初参加の三宅は「いつか出てみたいと思っていたので
Source: 芸能のニュースまとめ – グノシー